暇さえあればどっか行く∑(゚Д゚)

暇さえあればどっか行って食ったり旅したりしてます。とても暇なやつです

日本で唯一コーヒーについて学べる博物館 UCCコーヒー博物館

上島珈琲と知られているUCCは神戸に本社と博物館があります。

1987年10月1日(珈琲の日)に博物館が誕生してコーヒー好きのファンをはじめ、喫茶店の経営者やコーヒー店創業を考えている方にとって聖地とされている場所とされております!そのためなのか博物館の形がモスクの形をしているんですよ
 
アクセス:新神戸交通ポートライナー「南公園」駅徒歩1分
 
 
 
              なぜモスク似なの?
f:id:bspot:20170530150655j:plainコーヒー博物館の外観はモスク形をしていますよε-(´∀`; )イスラム教ではコーヒーは聖なるものとして扱われていた歴史があります。それに基づきモダンなモスクな形にしたようです。 
 
          コーヒーはエチオピアの少年が発見!f:id:bspot:20170530151055j:plain
コーヒーの歴史はアフリカ大陸にあるエチオピアから始まりました。
赤い身を食べたヤギが興奮しているのを見て少年も食べてみたようです。すると自分も良い気分になり踊り始め気分が良くなったのがきっかけになり、コーヒー飲用の始まりになったようです。
 
 
            日本に始まったのはいつ頃?
f:id:bspot:20170530151754j:plain 日本は長崎出島による貿易で伝わっていましたが役人クラスが焦げ「臭く飲めるもんではない」と拒否したそうです。私たちがコーヒーを飲み始めたのは明治21年上野にある喫茶店「可否茶館」で飲まれたと言われいます。
  
        ブラジル農園をイメージしたスロープf:id:bspot:20170530152218j:plain
スロープは土に見立て壁一面は農園の絵があります。
小鳥のさえずりがスピーカーから聞こえ!まるで本当にブラジル農園にいる雰囲気をして凝っています。
 
    日本のコーヒーの父とも言われる・UCC創業者上島忠雄f:id:bspot:20170530152452j:plain コーヒーに生涯を捧げ、1969年には世界初の缶コーヒーを発明しました。
 
コーヒーは鉄道駅売店ではビンで販売していました。
売店先で飲んで返却する方式でしたので電車が来た時は飲み残し「モッタイナイ」と思い缶コーヒーを開発したエピソードがあります

 
       このエヴァ缶を思い出す年代は30代後半〜40代かなf:id:bspot:20170530152825j:plain懐かしいエヴァ缶∑(゚Д゚)アニメでUCCコーヒーと恵比寿ビールが美味そうに飲んでいた記憶が蘇ってきましたよ
 
 
     なんと館内にジャマイカ領事館があるんです!!f:id:bspot:20170530153030j:plain UCC恐るべし博物館内に領事館を併設させる資金力と交渉力は感服です!!
 

         コーヒーチェリーのオブジェ

f:id:bspot:20170530153236j:plain

赤い実の中を剥(む)くと生豆が現れます。
 
コーヒーは世界で約70カ国のコーヒーベルトと言われる地域で栽培させています。
 豆の種は主に2種類で「アラビカ種」と「カネフォラ種」の2つの種類しかないそうです!
 
    1本の木からどのくらいのコーヒーが取れるの?

f:id:bspot:20170530154437j:plain

コーヒーの木1本から生豆500g取れコーヒ40杯分採れるだそうです。
毎日1杯飲む場合年間で10本必要です!私は1日3杯飲むので30本必要( ;´Д`)
 
         
           麻袋に情報がいっぱい!なんです!

f:id:bspot:20170530154648j:plain

各国の豆の入った麻袋には生産国、生産者、等級、品質などコーヒーの生い立ちを知ることができるんです。
 

      麻袋に入った豆の重さを体験するコーナー

f:id:bspot:20170530154917j:plain

麻袋に入った豆の重量はなんと!60kgもあるんです!重すぎて持ち上がりませんでした!( ´Д`)y━・~~  ほかに生豆を実際に触ってみたりする体験コーナーが設けられていますよ!
 
 
       コーヒー鑑定士による厳しい品質チャック

f:id:bspot:20170530155113j:plain

コーヒー鑑定士のよって香りと味を口に含み「ペッ」と吐き出しながらチェックする様子を映像を見ることができます。 
 
生豆のサイズや香りには幅があり等級があります。等級はサントスNo2からサントスNo8まであり7つの段階に分けられています。ちなみにNo1が無いのは、どうしても欠点豆が混ざってしまうので!No1は無いそうです!
 
 
       麻袋ではなく樽で運ぶコーヒー豆の正体は?

f:id:bspot:20170530155332j:plain

ジャマイカのブルーマウンテンのコーヒーだけが樽詰めされて運ばれるんです!
コーヒーの王者はキングストーンの港を旅立ち運ばれてきます
 
 
                                 コーヒーの味を左右する重要な焙煎機

f:id:bspot:20170530155435j:plain

生豆(なままめ)を炒ることによって、コーヒー特有の色や味わい、香りをつくりだします。焙煎はコーヒーの味を左右する重要なポイントなんです!
 
この焙煎機は直接火にかけず熱風で焙煎している様子を見学できます。
直火だと色ムラが発生するんですって!焙煎度により味はさまざまに変化していきます。
 
                                                   各時代の抽出器が勢ぞろい

f:id:bspot:20170530155723j:plain

 
 
 
                                 ベトウィンポットと言われる昔の抽出器

f:id:bspot:20170530155905j:plain

ヤカン似のポットの先に干し草を詰めコーヒーの残りカスを防いでいたんです!
これ見た時超てコストで今でもいけるじゃん!と思いました!!
 
                          コーヒーカップはその国の文化を反映してる?

f:id:bspot:20170530160122j:plain

マイセンや伊万里のコーヒカップが各時代の各国に様々なカップを見ることができ非常に楽しいです!

 

                                         変わった形のカップは何???

f:id:bspot:20170530160242j:plain

 なんとこのコーヒーカップはヒゲがコーヒーに浸からないように開発された
ヒゲ専用コーヒーカップなんです!
 
                    休憩所

f:id:bspot:20170530160346j:plain

モーニングツアーの始まりでもあり終点でもある場所です。
 
        缶コーヒー用豆種とドリップ用豆種の飲み比べ

f:id:bspot:20170530160550j:plain

 アラビカ種豆(ドリップ用)とカネフォラ種(缶コーヒー)の違いを飲み比べてでは
明らかに違いがわかりました。缶コーヒー用の豆種カネフォラ種は独特の癖が有り甘みが感じ勉強になりました。
 

f:id:bspot:20170530161627j:plain

UCCの歴史からコーヒーの品種まであらゆるコーヒーについての知識が得られ満足した時間を過ごせました。イベントや体験コーナーもあり大人が楽しめる場所でしたよ!
 
 
UCCコーヒー博物館
アクセス:神戸市中央区港島中町6丁目6−2
最寄駅:ポートライナー南公園駅徒歩1分
ジャンル:博物館